ビットコインキャッシュの1時間足をボリンジャーバンドで攻略する

前回の記事3本ではリップルの15分足でエッジが見られたボリンジャーバンドの逆張り戦術がイーサリアムでどうなるかを検証しました。リップルとほとんど同じ結果で、1時間足ではいい条件が見つからず、15分足では期待できそうな売買ルールを発見できました。
今回は同じプロセスでボリンジャーバンドの逆張りがビットコインキャッシュでも優位性を発揮できるか検証します。国内取引所ではビットコインキャッシュの出来高が少なく、条件も悪いので、バイナンスのBCH(BCHABC)/USDTのデータを使います。

■使用するストラテジー
TradingViewの内蔵ストラテジーの中にはボリンジャーバンドのストラテジーが2種類あります。「Bollinger Bands Strategy」と「Bollinger Bands Strategy directed」です。「Bollinger Bands Strategy directed」は売買の成績だけでなく、「売りのみ」「買いのみ」に分けて検証することが可能なアップグレード版です。今回は現物のチャートを対象としていることもあり、インジケーターから内蔵を選択し、「Bollinger Bands Strategy directed」を選択します。

■売買ルールについて
ボリンジャーバンドの標準偏差σの設定値を超えて下がってきたら売り、割ってから上がってきたら買いという逆張り型の売買ルールです。それぞれの売買ポイントが発生するたびにドテン売買するロジックになっています。ドテン売買ロジックのため損益グラフには売り立て(ショート)の利益も入っていますが、今回使うデータは現物なので実際に運用する際は買い→売りのトレードだけが有効です。「Bollinger Bands Strategy directed」では買いから入って売る場合のみを取り出すことも可能ですが、売りのチャンスをどれだけ捉えられているかも見たておいたほうがよいので、まずはドテン売買での結果を見ます。有望そうな売買ルールが見つかれば、買いのみの結果も評価します。

このストラテジーのパラメータは計算期間の本数と標準偏差σの2つです。
画像はよく使われる期間20、標準偏差σ=2でテストする場合のパラメータ設定です。

「Strategy Directed」は0にすると「売買両方のドテン売買」、-1にすると「売りエントリーからの買いクローズのみ」、1にすると「買いエントリーからの売りクローズのみ」をテストできます。まずは売買両方見ていくので0に設定します。

■Bollinger Bands Strategyを様々な条件で検証
まずは手数料を考慮しないで検証します。有望そうな売買ルールが見つかれば最終段階で手数料やスプレッドを盛り込んだり、買いエントリー→売りクローズのみに分けた場合をチェックします。

取引量は10BCH固定です。1BCHでもいいんですが、ある程度まとまった取引量のほうが損益額の感覚がわかりやすいと考え、10BCHでテストします。

・1時間足で検証
リップルでは1時間足では全然ダメでしたが、念のため検証してみます。
対象期間は2018年の11月17日から2019年の8月25日までです。

・期間20、標準偏差σ=2の損益グラフ

増えたり減ったりで、かなり厳しいです。後半は増えていますが、利益に対するドローダウンが大きすぎて使い物になりません。増えたり減ったりするくらいなら、一方的に減ってくれたほうがまだ使い道があります。ひたすら減り続ける場合は売買を入れ替えることで有望な売買ルールになることがあるためです。つまり、利益か損失の一方に偏ればいい売買ルールと言えます。リップルやイーサリアムの1時間足では損を出し続ける売買ルールが見つかりました。これは入れ替えにより有望な売買ルールになる可能性があります。
しかし、ビットコインキャッシュの1時間足×ボリンジャーバンドはいろんな期間を試したものの、標準偏差σ=2では、どの期間でも増えたり減ったりで一方には偏らず、いかんともしがたい結果ばかりでした。検証期間が前回のハードフォーク後からとなっており、検証できる期間が短いという問題もあるかもしれません。
しかし標準偏差σを1に変えてみると、一方的に減り続ける売買ルールがいくつか見つかりました。
σ=1、期間17の損益推移グラフ

σ=1、期間10の損益推移グラフ

いずれも見事な右肩下がりです。反転させるとこうなります。
σ=1、期間17の損益推移グラフを上下反転させたもの

σ=1、期間10の損益推移グラフを上下反転させたもの

売りと買いを入れ替えると、白い部分が利益に相当するようになります。ほとんど一方的に利益が積みあがっていることがわかると思います。
逆張り戦略の売買ルールで、売りと買いを入れ替えて利益が出るようになるということは、そもそも順張り戦略が正解だったということです。ビットコインキャッシュの1時間足でボリンジャーバンドを使う場合は逆張りよりも順張りにしたほうがいいということを示唆しています。リップル、イーサリアムでも同じ結果になりました。ただ、リップルやイーサリアムでは標準偏差σ=2で売買の入れ替え(順張りへの変更)が有効になりました。しかし、ビットコインキャッシュではσ=2ではダメで、σ=1にするとこのようにきれいなグラフが出てきました。
σ=2を直感的に言葉で表現すると「平均よりかなり大きく動いたとき」ですが、σ=1だと「平均の値動きに比べてそこそこ動いたとき」くらいだと思います。つまり、ビットコインキャッシュの1時間足では「わりと高騰したら買い、割と下落したら売る。」のが良かったということかなと思います。ビットコイン、イーサリアム、リップルでは「大きく高騰したら買い、大きく下落したら売る。」が有効だったことを考えると、ビットコインキャッシュはちょっと毛色が違いますね。ビットコインキャッシュはほかの仮想通貨に比べるとボラティリティがあまり大きくないのかもしれません。
いずれにしても、この期間におけるビットコインキャッシュの売買ルールとして、1時間足で標準偏差σ=1を上回ったら買って、下回ったら売るというものが有効だったのだろうと思います。

できれば売りと買いを入れ替えて確認したいところですが、標準搭載のストラテジーでは売りと買いだけを入れ替えることができません。自分でイチからスクリプト(プログラム)を作る必要があります。それはなかなか大変で、バグのリスクもあるので売買を入れ替えた場合の詳細はご紹介できません。代わりに前掲の上下反転した損益推移グラフをご参照ください。本当はドローダウンやパフォーマンスサマリーもご紹介したいので、いずれ機会があればご紹介させていただきます。

さて、リップルやイーサリアムと同じく、ビットコインキャッシュでも1時間足にボリンジャーバンド逆張りの売買ルールを使っても利益は出せなさそうです。1時間足にボリンジャーバンドを使って利益を狙うなら、順張り戦略への切り替えが必要そうです。売買を逆転させて順張り戦略に切り替えれば、利益を出せる可能性はありそうです。
ただ、売買を入れ替えて正しく検証するにはプログラムを作る必要があり、このままではパフォーマンスサマリーやドローダウンなど詳細が確認できません。それは後日検証するとして、売買を入れ替えずこのままの順張りロジックでも利益を出せる条件を探してみましょう。

ある売買ルールが生課せる条件を探す方法のひとつとして、時間足を変えるとうまくいくことがしばしばあります。実際、リップルやイーサリアムでは15分足に切り替えることでボリンジャーバンド逆張りの有望そうな売買ルールが見つかりました。これを踏まえて、ビットコインキャッシュでも15分足を検証してみましょう。
次回の記事では15分足にボリンジャーバンドの逆張り戦略を適用したパフォーマンスを検証します。