LIQUID/QUOINEはビットコイン現物の出来高日本一!リップルのレバレッジ取引もできる

■LIQUID/QUOINEはビットコイン(BTC)出来高日本一

LIQUID/QUOINE(リキッド/コイン)は日本の仮想通貨取引所の中でもっともビットコイン(BTC)現物の出来高が大きい取引所です。

仮想通貨の取引環境として最も重要なのはセキュリティということは誰にとっても疑いがありません。それ以外の要素では、特に出来高に着目すべきです。出来高が大きい取引所ほど参加者が多く、盛んに売買されている可能性が高いからです。
出来高が小さい取引所の板は薄く、スプレッドは大きくなりがちで、買うのも売るのも不利なレートになりやすく、まともな値段で売買できるのはごく少量になってしまうという状態に陥りがちです。
このため、たとえ手数料が無料であってもスプレッドが広ければ何の意味もありません。スプレッドはトレーダーからすれば実質的に手数料と同じなのです。手数料は取引所の利益になりますが、板取引におけるスプレッドは取引所の利益にはならないのでスプレッドが広いと誰も得せず百害あって一利なしです。このスプレッドという余計な手数料を減らすためには、できるだけ出来高の大きい取引所を選ぶ必要があります。

■LIQUID/QUOINEのリップル(XRP)出来高はまずまず

LIQUID/QUOINEのビットコイン出来高が圧倒的に大きい一方で、リップルの出来高で比べると国内1位のビットバンクの数分の1しかありません。

ただし、LIQUID/QUOINEではリップルのレバレッジ取引が可能です。仮想通貨は暴騰の勢いだけでなく暴落の勢いもすさまじいです。レバレッジ取引が可能であれば売り立てで利益を狙うことも可能になるので、チャンスは2倍になります。
リップルはレバレッジ取引ができる取引所自体が珍しい上に、たとえレバレッジ取引が可能であっても出来高が小さく、スプレッドが大きかったり板が薄かったりして実用性を欠くことが良くあります。LIQUID/QUOINEはリップルのレバレッジ取引が可能な取引所の中では非常に出来高が大きいと思います。

■アビトラをしたい場合は?

ビットコインのアビトラをやる場合、LIQUID/QUOINEの口座は必須です。レバレッジ取引で空売りができることはアビトラ環境を飛躍的に向上させます。現物だけのアビトラでは現物の価格変動に対してヘッジができず、現物の移動が必要になることもあります。レバレッジ取引を絡めることで現物の価格変動をヘッジすることができたり、現物の移動が必ずしも必要でなくなるというメリットが生じます。出来高が大きい点も非常に大きなメリットです。
同様に、リップルでアビトラをやる場合もLIQUID/QUOINEは必須です。極めて貴重な「リップルの空売りができる取引所」だからです。ただしリップルの出来高は小さいので、値の急変による証拠金切れには要注意です。一瞬レートがワープしてロスカットになるリスクには適切に配慮、対処する必要があります。
また、リップルだけでなくLIQUID/QUOINEの問題として、過去にレートが大きく飛んだ(ワープ)したことや、不可に耐えられずサーバーが落ちて一定時間取引ができなくなったことも何度もあります。この点も、特にレバレッジ取引を行う際は要注意です。

■LIQUID/QUOINEの手数料

・現物の取引手数料は無料
一時期、国内の仮想通貨取引所の多くは現物の取引手数料が無料でした。しかしいまでは無料のほうが珍しくなっています。海外の仮想通貨取引所は有料のところばかりなので日本が特殊だったと思います。LIQUID/QUOINEはいまだに現物手数料が無料なので素晴らしいです。

・レバレッジ取引はポジション料がかかる
現物取引と同様、レバレッジ取引も取引手数料は無料ですが、レバレッジ取引では「ポジション手数料」がかかります。※LIQUID/QUOINEではポジション管理料と表記されています。
ポジションの評価額に対して1日あたり0.1%です。8時間ごとに0.1%の1/3ずつ手数料がかかっていきます。
たとえば300万円相当のポジションを持っている場合、ポジション手数料は1日3000円です。これが3等分されるので8時間ごとに1000円かかることになります。結構馬鹿にできない手数料です。筆者のようにデイトレードのみであればポジション料の影響は大したことがありませんが、長期保有する際はボディーブローのように手数料がじわじわ効いていくことでしょう。

ただ、ポジション手数料はちょっと高めですが、これだけの出来高がある厚い板で空売りができるメリットには代えられません。
買いで持ちたいときはレバレッジ取引ではなく現物買いにするなど、工夫をすることで手数料を下げることはできます。

また、あまり考えたくないですが不幸にもロスカットに至ってしまった際にはロスカット手数料というものも徴取されます。ロスカット処理を行った場合、数量×決済価格(closed価格)×0.2% がロスカット手数料として徴取されます。

他の取引所との手数料比較表も載せておきます。

これらの手数料は記事執筆時点のものです。手数料はたびたび変更されるので、随時ご確認ください。

LIQUID/QUOINEの最新の手数料についてはこちらをご覧ください。

いい仮想通貨取引所の要件

筆者が考えるいい仮想取引所の条件は次の通りです。

☆セキュリティが高いこと

仮想通貨はその特性上、セキュリティ面に問題があり、ご存じの通り日本を含め世界各地の仮想通貨取引所はこれまで何度もハッキングや仮想通貨盗難などの問題を起こしています。セキュリティはすべての仮想通貨取引所の課題になっており、トレーダーにとっても仮想通貨取引所のセキュリティの高さは最重要事項です。ただ、取引所のセキュリティ周りの内部体制がどうなっているのかは外からは把握できないので、このあたりは評価が難しいところです。
外からでも客観的にサイトのセキュリティを計測する方法のひとつに、observatory.mozillaというサービスがあります。Mozillaは20年以上前からブラウザなどのウェブアプリケーションを開発している歴史ある専門業者です。このサービスを使うと誰でもあらゆるサイトのセキュリティ評価の採点が自動でできます。このサービスでのLIQUID・QUOINEの採点結果はこちらです。
https://observatory.mozilla.org/analyze/www.liquid.com

点数は65点で、評価はBです。65点という数字だけ見ると低いように思うかもしれません。しかし、この数字は実は相当高い値です。デフォルトでは0点で、国内取引所には0点の取引所も2か所あります。20点以下もあたりまえにあります。
取引所以外ではセキュリティを標ぼうしている業者が0点のこともあり、日本の省庁も0点のところは珍しくありませんし、メガバンクが1ケタ得点だったりします。東京大学は15点、googleは50点です。ちなみに内閣サイバーセキュリティセンターは60点で、国内の省庁の中では突出して高いです。
ということで、この評価基準における65点は相当な高得点です。筆者が調べた限り、日本の取引所の中で70点のビットバンクに次ぐ2位です。おそらくサイト構成にあたって一流のセキュリティ専門家が関与しているのではないかと思われます。
もちろん、この評価基準は様々な評価手法の1つに過ぎません。従って、この得点が高いからといって直ちに高セキュリティであるとか、逆に評価点が低いからといって直ちに低セキュリティということは言えないと思います。ただ、この得点が高いということは様々な要素を幅広く気にした対応がされているという背景をうかがえます。
その点で考えれば、LIQUID/QUOINEはセキュリティに相当気を使っている可能性があります。

また、LIQUID/QUOINEは仮想通貨の出金に時間がかかります。これはユーザーからするとかなり不便なことですが、セキュリティとは不便なことであるともいえます。出金に24時間以上の確認を要し時間がかかることは、盗難や流出のリスクを下げることに大きく寄与するはずです。

☆スプレッドが小さいこと(≒出来高が大きいこと)

スプレッドはトレーダーにとって手数料とほとんど同じ存在です。スプレッドが広くて得することは何ひとつとしてありません。スプレッドを小さくするには出来高が重要になります。LIQUID/QUOINEはビットコインの出来高が大きく、板も厚いです。そのためスプレッドもかなり小さくなっています。一方、リップルはそれなりのスプレッドがあります。ただ、リップルはどこもスプレッドが大きいので相対的にはLIQUID/QUOINEのリップルのスプレッドは小さいほうだと思います。

☆板が厚いこと(≒出来高が大きいこと)

スプレッドの話と重複しますが、参加者が多いほど板が分厚くなり、魅力的な取引所になります。板が厚い取引所ほど一度により大きな取引ができるので、資金力のある大口トレーダーが参加しやすくなり、さらに取引量が増えて板も厚くなっていくという正のフィードバックをもたらします。LIQUID/QUOINEは国内の仮想通貨取引所の中で最もビットコイン現物の板が厚い取引所といえるでしょう。

☆レバレッジ取引が可能かどうか

LIQUID/QUOINEではレバレッジ取引ができます。しかも板が厚く出来高が大きいです。ビットコインのレバレッジ取引や空売りをしたい場合、国内ではLIQUID/QUOINEが最高の環境だと思います。また、板の厚さは十分ではありませんが、LIQUID/QUOINEではリップルのレバレッジ取引も可能です。リップルのレバレッジ取引を提供している仮想通貨取引所は貴重なのでその点でもLIQUID/QUOINEは魅力的といえるでしょう。

☆取引手数料・ポジション料が安いこと

前述したとおりLIQUID/QUOINEの現物手数料は無料です。国内の取引所が有料化に向かう中で今でも無料なのはとても魅力的です。
一方、レバレッジ取引のポジション料は安くはありません。とはいえ、何らかの収益源がないと取引所もやっていけないので手数料があるのは仕方ありません。手数料を支払いたくなければレバレッジ取引をせずに現物の売買だけ行うという選択肢もあります。

☆経営母体が強力

仮想通貨取引所は上場企業の関連会社であることがあります。ハッキングや盗難などの大きな問題が起こったとき、補填などで頼れるバックがいるのは安心要素につながります。残念ながらLIQUID/QUOINEは上場企業の関連会社という情報はありません。ただし補填関係は最終的には資金力によるので、上場企業に関連していないからと言って補填がないわけではありません。あくまで、上場企業関連会社であることは安心要素の一つです。
数百億円もの補填を実行したコインチェックの例を見ても明らかです。コインチェックは今でこそ上場企業の関連会社ですが、当時は単体の会社でした。

■まとめ

〇LIQUID/QUOINEはビットコイン現物の出来高が国内の仮想通貨取引所で1位
〇ビットコイン、リップルともにレバレッジ取引が可能
〇現物の取引手数料が無料
×サーバーダウンによる取引停止やレートのワープに注意
×ポジション料は安くない

LIQUID/QUOINEにもいくつかデメリットがありますが、何の問題もない仮想通貨取引所というのはなかなか難しいと思います。したがって、どこまでデメリットを受け入れてうまく使うかという付き合い方になると思います。
その観点からすると、LIQUID/QUOINEは様々な仮想通貨取引所の中でも有数に好ましいトレード環境があるといえるでしょう。メインとしてもサブとしても、LIQUID/QUOINEの取引口座を持っていて損はありません。

以上、LIQUID/QUOINEの紹介でした。

(記事の内容は執筆時時点の筆者調べの情報です。最新情報は各位ご確認ください。)