ビットコイン出来高で比較する仮想通貨取引所3選-2019年最新版-

■出来高は取引所を評価する際にとても重要な要素

今回は仮想通貨取引所の比較記事です。
何かを合理的に比較をしたい場合には数字の話は不可欠です。
手数料は数字的要因の一つですが、仮想通貨取引所を選ぶ際は手数料よりも出来高のほうがより重要な指標になり得ると考えています。

出来高が大きい取引所ほど参加者が多く、盛んに取引されている可能性が高いといえます。
出来高が小さい取引所では板は薄く、スプレッドは大きくなりがちで、買うのも売るのも不利なレート値段になってしまったり、まともな値段で売買できるのはごく少量になってしまうという状態に陥りがちです。
出来高が大きいとスプレッドが狭くなり、実質的な手数料が安くなる可能性が高まります。

仮想通取引所の評価要素は取引のスタイルや目的によっても変わりますが、どんな目的であってもできるだけ出来高が大きい取引所で取引するほうが有利になります。
なので、取引所選びの際はまず出来高を見ましょう。
ただし海外の取引所はウォッシュトレードという不正によって出来高を故意に大きく見せているケースもあるので注意してください
(日本ではウォッシュトレードは違法なので、日本の取引所は大丈夫なはずです)。

このように、出来高は最優先事項の1つですが、取引所別の出来高を具体的な数値を書いて比較しているコンテンツは少ないです。
ただ、上記の出来高比較を作ってみてその理由がわかりました。
月足チャートを用意していない取引所が結構あって、出来高の集計にはちょっと工夫が必要でした。

■ビットコインの出来高付き!仮想通貨取引所の比較表

さて、こちらの表が出来高を記載した仮想通貨取引所の比較表です。

(クリックで拡大します)

「どうせ作るなら自分自身にも役立つ表を作ろう」と考えて手数料一覧も書き添えています。
仮想通貨取引所は手数料が多種多様なので、一覧を手元においておく意外と便利です。

■日本でもっともビットコイン出来高が大きい取引所は?

現在、日本で一番ビットコインの出来高が大きい取引所はLIQUID/QUOINE(リキッド/コイン)です。
LIQUIDにおける2019年6月のビットコインの月間取引高は67万BTCで、日本の取引所で最大です。ただしこれは現物とレバレッジの合算です。
現物取引とレバレッジ取引の取引板は別々になっていることもありますが、LIQUIDでは共有されています。

一方日本でビットコインFXの出来高が最も大きい取引所はbitflyer(ビットフライヤー)です。
bitflyerにおける2019年6月のビットコインの月間取引高は380万BTCと、現物とは比べ物にならないほどの取引量があります。
さらに、FXとは別に現物も26万BTC取引されました。
このLIQUIDとbitflyerが現在の日本の仮想通貨取引所の2強といえるでしょう。

現物やレバレッジ取引ならLIQUID、FXならbitflyerという住み分けが可能です。

■GMOコインはトップになるか

2強を追う形にあるのがGMOコインで、取引高が増加傾向にあります。
GMOコインにおける2019年6月のビットコインレバレッジ取引の出来高は48万BTCで、
bitflyerの現物の出来高を追い越しています。筆者が今後期待している取引所です。

■もし1社だけおススメするなら

こちらの記事にも書きましたが、もし筆者が1か所だけ仮想通貨取引所をおススメするとしたらGMOコインです。
現物、レバレッジ、FXの取引がすべて可能で手数料が安く、
日本ではビットコインの次に人気があるリップルの取引も可能です。
リップルもビットコイン同様に現物もレバレッジもFXもあります。
(ただしFXはスプレッドが大きめなので現段階ではあまりおススメはできません。)

また、上場企業であり為替FXで世界一の取引量を誇るGMOクリック証券の関連会社ということもあり安心感もあります。
出来高が伸びているので今後も期待できそうです。
このようにGMOコインはおススメできる理由がたくさんあります。

ただし、もしもビットコインFXをやりたいならGMOコインよりもbitflyerがおすすめです。また、リップルを取引したい場合はビットバンクの口座を最優先したほうがいいです。

■もし3社おススメするなら

もし3社おススメするならGMOコインに加えて2強のLIQUIDとbitflyerです。これらを押さえておけばとりあえず大丈夫です。また、リップルを取引したい場合はビットバンクの口座を最優先したほうがいいです。

■アビトラしたいなら

全部口座開設しましょう。アビトラは口座数がものをいう面が多々あります。

■海外取引所まで視野に入れるなら

筆者は必要に駆られて海外の取引所も使用することがありますが、
海外の取引所は若干ハードルが高く、気を使う面もあるのであまりおすすめできません。
海外の取引所は当然ながら日本の仮想通貨交換業資格は持っておらず、日本人ユーザーとしての保証を受けることもできません。
ただ、海外取引所は規模がケタ違いで、捨てがたいほど魅力的な出来高があります。

現物で世界最大クラスの取引所であるBINANCE(バイナンス)では、2019年6月のビットコインの出来高は169万BTCでした。
BINANCEの出来高は日本の全取引所の現物取引を合計した出来高をさらに上回っているほどの規模です。
また、レバレッジ取引・ビットコインFXで世界最大のBitMEXはなんと1462万BTCです。
おそらく、世界中の取引所の全現物取引の出来高を合わせたよりもまだ多いと思います。
より有利な取引環境を求める場合はこれらの海外トップ取引所も検討対象になり得るかもしれませんね。

■ビットコイン取引の種類

説明の順番が前後してしまいましたが、一口にビットコイン取引といっても、実はいくつか種類があります。

現物取引

一番メジャーなのはビットコインの「現物」です。最初は必ず買いから入ります。
これはビットコインそのものの取引です。現物またはそれに準ずるものをレバレッジをかけて取引するのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引

ビットコインにもレバレッジ取引があります。日本の取引所のレバレッジ取引では預入証拠金の4倍の金額まで取引できます。
また、レバレッジ取引では空売りから入ることもできます。
LIQUIDやかつてのコインチェックのように現物取引とレバレッジ取引の板が共有されている場合と、
GMOコインやビットポイントのように現物とレバレッジ取引で板が別々に分けられている場合があります。
レバレッジ取引では買いで入った場合でもビットコインを保有しているわけではなく「ポジション」を持っているにすぎません。

※取引所によっては買いポジションを現物に引き換える「現引き」が可能な場合もありますが、
現引きの際には相応の手数料がかかるので、特殊な場合を除いては現引きせずにいったん買いポジションを処分したうえで、
現物の購入を別途行ったほうが割安に済みます。

ビットコインFX

上記に加えて「ビットコインFX」という銘柄もあります。
ビットコインFXはビットコインそのものを取引しているわけではなく、ビットコインから派生した特殊な金融商品です。
ビットコインとは似て非なるもので、多くの場合ビットコインと等価交換することはできません。
手数料を支払うことでビットコインの現物と引き換えることも可能な場合がありますが、だいたい手数料が高額すぎて
現物に交換すると大損してしまうが多いです。
したがってビットコインFXは純粋に騰落を予測する性質が強いです。
ただしFXは現物と大きくレートが乖離することも珍しくなく、いったい何を取引しているのかわからない面も少なからずあります。
一方でBitMEXのFXのように現物のレートを基準として巧妙にレートを調整しているFXもあります。

先物、その他

ビットコイン先物やバイナリーオプションもあります。
ビットコイン先物は日本にも一応ありますが出来高がとても薄いです。
バイナリーオプションは日本の取引所では扱われていません。
また、ビットコインのETFが承認されたとかされないというトピックはこれまで何度も大きなニュースになって仮想通貨のレートをかく乱してきました。

■手数料案内ページへのリンク付き比較表

冒頭に掲載した表は見やすさを優先して画像にしましたが、画像なのでリンクには飛べません。
仮想通貨手数料はわりと頻繁に変更されるので、記事末のリンクより最新版の手数料をご参照ください。
下記の表中の手数料をクリックすると、それぞれの取引所の手数料案内のページに飛びます。最新の手数料を確認したい際にぜひお役立てください。

おすすめ順 取引所 月間BTC出来高
(※2019年6月)
国内取引所 上場企業
関連会社
BTC現物
取引手数料
レバレッジ取引
手数料
レバレッジ取引
ポジション料
円入金
1 GMOコイン レバレッジ:48万2250BTC
現物・FX:不明
Maker: -0.01%
Taker: 0.05%
無料 レバレッジ:0.04%/日
FX:0.04%/日
2 QUOINE 現物&レバレッジ:67万1800BTC × 無料 無料 0.1%/日
3 bitflyer 現物:26万0031BTC 
FX(レバレッジ):379万9000BTC
× 0.15% ~ 0.01% 無料 0.04%/日
4 coincheck 現物 12万7900BTC 無料 レバレッジ取引停止中
5 bitpoint 現物:3万2330BTC
レバレッジ:3万0240BTC
無料 無料 0.035%/日
6 bitbank 現物: 9万1930BTC × Maker: -0.02%
Taker: 0.12%
レバレッジ取引不可
7 ZAIF 現物&信用 5万9280BTC
FX 35万7210BTC
無料 無料 信用:0.039%/日 +利益の0.7%
FX:0.039%/日 ± 0.0375%/2時間
8 btcbox 現物:2万9100BTC × BTC:0.05% レバレッジ取引不可
9 フィスコ 現物:142BTC Maker:無料
Taker:0.1%
レバレッジ取引不可
番外 binance 現物:168万9000BTC
※BTC/USDT
× × Maker:0.1% ~ 0.015%
Taker:0.1% ~ 0.03%
不可
番外 BitMEX FX(レバレッジ):1462万BTC
※BTC/USD
× × レバレッジ取引のみ Maker: -0.025%
Taker: 0.075%
8時間ごと・変動制 不可