世界で最も普及しているすごいチャート&トレードツール Meta Trader(メタトレーダー)

Meta Trader(メタトレーダー)とは

 Meta Traderは世界で最も普及しているチャート&トレーディングツールです。日本では主にFX用のトレードツールとして使われています。

Meta Traderの2つのバージョン

 Meta Traderは現在、Meta Trader4(MT4)とMeta Trader5(MT5)という2つのバージョンが使われています。Meta Traderは独自のインジケータやストラテジー(売買ロジック)を使ってチャート分析やバックテストができるのですが、インジケータやストラテジーを書くプログラムがMT4とMT5では別になっています。MT5がリリースされた時点でMT4はすでに多くのユーザーに使われていたため、MT4のインジケータやストラテジーが非常に充実していました。このためにMT5に移行せずMT4を使い続けるユーザーが大半でした。その結果、MT5のほうがMeta Traderの新しいバージョンであるにもかかわらず、いまだにMT4のほうがよく使われています。この現象からすると、日本に限らず、トレーダーは取引ツールに対して保守的といえそうです。トレード環境が変わると気が散って本質とは関係ない要因で取引を失敗することにもつながりかねないと思うと、ある意味仕方ないというか当然かもしれません。もちろん、本当にいいツールが新たに登場すれば、したたかなトレーダーを先頭に徐々に新しいツールへ移っていくでしょう。なかなかそうならないのは、MT4が完成度の高い優れたツールであることの裏付けかもしれません。

 MT4やMT5は開発元のMetaQuartz社が無償提供しているものだけでなく、これらをベースにして多少手が加えられた「Meta Traderベースの独自のツール」としてFX会社や証券会社が提供している場合もあります。そのようなMeta TraderベースのツールにはFX会社オリジナルのインジケータが内蔵されていることもよくあります。

Meta Traderの特徴

〇インジケーターやストラテジーが非常に充実している

 Meta Traderは世界中に膨大なユーザーがいるため様々なインジケータやストラテジーが公開されています。この点が大きなメリットなので、MT5よりもMT4のほうが好ましいです。

〇FX会社や取引銘柄の選択肢が幅広い

 世界中で普及しているため、Meta Traderを使える業者がとても多いです。そのため、取引できる銘柄の数も膨大になります。

〇詳細なバックテストが可能

 エクセルやTradingViewでは検討するのが難しいような、詳細な売買条件を設定することができます。

〇自動売買が可能

 Meta Traderでバックテストを行う際に必要なストラテジーのプログラムは自動売買機能を兼ねています。このメタトレーダー用のプログラムはエキスパートアドバイザ(略称はEA:いーえー です)と呼ばれています。バックテストのために作ったストラテジー検証用のプログラムをリアル口座で動かすことで、そのまま自動売買システムとして利用することができるのです。

Meta Trader4(MT4)とMeta Trader(MT5)はどちらがおすすめ?

 圧倒的にMT4がおすすめです。先ほど説明した通り、MT4のインジケーターやエキスパートアドバイザが大量に存在するためです。MT5はMT4に比べるとこれらの数がどうしても見劣りします。

Meta Traderのデメリット

×プログラムが難しめ

 Meta Traderで動かすためのエキスパートアドバイザを作るには本格的なプログラムの知識が必要になります。このため、思いついたアイディアを気軽に検証するにはハードルがあります。
簡単なストラテジーを気軽に検証したい場合はTrading Viewを使うほうが簡単です。Trading Viewで簡単なストラテジーのバックテストを行う場合はプログラムの知識が不要です。
国内のEA販売の最大手であるゴゴジャンでは、エキスパートアドバイザ作成のハードルを大きく下げる「EAつくーる」というツールがあります。筆者は簡単なエクセル程度しかわからず、プログラムはほとんどできませんが、EAつくーるを使うことでスクリプト(≒プログラムの文章)には一切触れずに最低限のストラテジーをいくつも作ることができました。ただし、EAつくーるであまり複雑なロジックを組んでもなかなかうまく動かず、スクリプトに手を加える必要が出てきます。エキスパートアドバイザを扱えるエンジニア・プログラマーは日本にもそれなりの人数が存在するので、クラウドワークスなどでエキスパートアドバイザのストラテジー作成を委託・外注することもできます。EAつくーるである程度下地を作ったうえで外注すれば、費用が安く済むこともあるかもしれません。

×ストラテジーの設定や使い方が少々難しい

 外注や購入、無償配布などでEAを入手しても、次はEAの設定の際にそこそこのハードルがあります。EAを使うにあたってプログラムの知識は必要ありませんが、パソコン操作に明るくないとEAを動かすのは少々苦労します。パソコンを使い馴れていれば乗り越えられるでしょう。有償のEAを買う前に、無償のEAを手に入れてデモトレードで動作設定ができるかどうかを試してみることをお勧めします。

×日本株や指数先物の取引はできない

 日本のFX業者はMeta Traderを採用している業者が複数あります。しかし日本の証券会社各社はMeta Traderを採用していません。このため、Meta Traderでは日本の取引所に上場している株や指数先物の売買ができません。どうしてもMeta Traderでこれらの銘柄を売買したい場合はCFDとして提供している業者を探すことになります。ただし、CFDはその性質上取引所で売買する場合に比べて約定しにくかったり不利約定が起きやすかったり、スプレッドが割高になったり、大量の取引には向かないなど、取引所取引に比べて不利益が大きいです。どうしてもMeta Traderを使わなければならない理由がなければ、取引所で取引するほうが好ましいと思います。

×Meta Traderを使うにはアカウントが必要

 Meta Traderはログインしていないとレートが更新されずチャートにも反映されないため、メールアドレスを用意してデモアカウントを取得する必要があります。

Meta Traderは非常に優れたツールですが、以上のようなデメリットもあります。とはいえ、このデメリットを補って余りあるメリットがあります。世界中でこれだけ普及していることが何よりの証拠といえるでしょう。
Meta Traderは無料で手に入りますし、持っていて損はありません。
FXを取引していてMeta Traderを使ったことのない方はぜひ一度試してみてください。
 

Meta Traderを使える日本のFX業者

 Meta Traderを使える日本のFX業者は下記です。Meta Traderのバージョンは4ばかりです。いかにMT4が支持されているのかが、ここからも伺えますね。

  • ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」
  • デューカスコピージャパン
  • 楽天証券「楽天MT4」
  • 外為ファイネスト「MT4・ZERO」
  • OANDA Japan(オアンダジャパン)
  • EZインベスト証券「EZ MT4」
  • FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)「俺のMT4」
  • FOREX.com(フォレックス・ドットコム)
  • サクソバンク証券
  • ワイジェイFX(YJFX!)「MT4チャート(分析専用)」
  • JFX「MT4チャート(分析専用)」

 純粋なチャートツールとしてMT4を使う場合は上記のどの会社でも大丈夫です。まずはデモ口座を作ってMT4を試してみるのもいいと思います。
 また、自動売買も含めて検討している場合は、デューカスコピージャパン、外貨ファイネスト、EZインベスト証券がオススメです。
 理由はいずれもA book業者だからです。さらに、外貨ファイネストはスキャルピングOKです。デューカスコピージャパンに至ってはスキャルピングOKに加えて、なんとインターバンクの取引の板が見えます。そして1000通貨の注文を出しても板にちゃんと反映されます。0.1pips幅に1000万通貨以上の注文が並ぶこともあるインターバンクの板に、わずか1000通貨の注文を並べるのは恐れ多いですが…。売買板まで見えるデューカスコピージャパンは日本で(そしておそらく世界でも)最も透明性が高いクラスにあるFX業者です。また、膨大な量の注文が並んでいるためスプレッドも非常に狭いです。ただし、取引片道ごとに手数料がかかり、これはデメリットといえばデメリットです。デューカスコピージャパンの紹介記事はこちら
 自動売買で継続的に収益をあげるためにはA book業者を選択することがほぼ必須です。スキャルピングOKかどうかは必須事項ではありませんが、OKであるほうが自動売買にはより好ましいです。B book業者がダメというわけではありませんし、B bookにはB bookのメリットもありますが、少なくとも自動売買にはB book業者は向いていません。A bookとB bookについてはこちらの記事で解説しています。