スゴトレ総研 設立の背景

 スゴトレ総研は「すごいトレーダーになるためのメディア」を目指して運営をしています。
「トレーダーの9割は負けていて、残り9%のトレーダーも最終的には負ける。最後まで勝てるのは1%だけ」という説もあります。
実際問題として、一部の優良株はプラスサムゲームになりますが、多くの株はそうはなりません。為替や先物など、大半の金融商品はゼロサムゲームです。結局のところトレード全体としてはゼロサムゲームです。ゼロサムゲームにおいて誰かの利益は誰かの損失によって生まれるものですから、勝てる人は当然限られています。そのうえ手数料控除が加わるゼロサムゲームですから、試行回数が増えるほどに負ける人が増えていき、大数の法則に従って99%の人が負けてしまうのもある意味当然の理です。
 先ほどの説が本当であれば、多くの人(9割)はトレードでマイナスになっていて、ほとんどすべての人(99%)が最終的に負けてマーケットを去ることになります。考え方によっては、普通にやっている人は遅かれ早かれ確実に負けますし、異常にやっている人だけが勝ってきたとも言えるでしょう。
であれば、最初から1%の人になるための方法を学ぶべきではないか。勝っている1%の人はほかの99%の人といったい何が違うのか。それを研究して発信していくのがスゴトレ総研の目的です。

すごいトレーダーになるための方法論を研究

 では具体的にどうするか。チャートやテキストを勉強するよりも先に勝っている人を知っておいたほうがいいのではないでしょうか。スゴトレ総研では常勝のすごいトレーダーをご紹介していきます。
すごいトレーダーに共通してあるものがあります。みなさん必ず独自の取引手法をお持ちだということです。すごいトレーダ_になるためにはまず取引手法を確立する必要があるでしょう。これは最低限、絶対必要なポイントだと思います。
 ただし、一定の取引手法を持っていても一時的にたまたま相場の流れに乗れただけで、一時的に勝って退場してしまう人もよくいます。長期的な視点が必要です。長期的な視点を得る方法の一つとして時系列分析やシステムトレードが役立ちます。スゴトレ総研ではトレード手法やシステムトレードを研究し、発信していきます。

良くないものを選べる目利き

 トレード界隈には高額な商材やセミナー、自動売買システムが跋扈しており、詐欺的な内容のものもたくさんあります。そのような商品は提供者も巧妙なので、引っかかる人はどうしても引っかかってしまいます。トレードはただでさえ勝てない難しい行為なのに、ますますお金が無くなってしまいます。それらのものに引っかからずに目利きできるようになるには知識や情報が必要です。性格の問題もあるので、知識や情報だけではどうにもならない面もあるでしょう。しかし、知識や情報があれば引っかからずに済んだ人も相当数いるはずです。
 トレーダーに目利きになっていただき、適切に自己判断できるようになっていただきたい。有用な情報を多数発信していくことを通じてスゴトレ総研が微力ながらお手伝いできたらと考えています。